秋田県の観光地【おすすめBEST5】乳頭温泉郷の鶴の湯は最高!



 
秋田県と言うと「なまはげ」くらいしかない
なんて思う人いるのではないでしょうか?

実は、自然が豊かな絶景や、秘境にある温泉など
観光スポットが満載なのです。

重要無形民族文化財が日本一多く
祭りや独自の伝統文化、風習が数多く残っています。

そんな秋田県の魅力ある観光名所を調べてみました。
 

スポンサーリンク


第1位 乳頭温泉郷

仙北市、乳頭山の山麓に点在する七湯を総称して
「乳頭温泉郷」と呼びます。

江戸時代から続く秘湯の宿「鶴の湯」の他

「妙乃湯」
「黒湯温泉」
「蟹場温泉」
「孫六温泉」
「大釜温泉」
「休暇村 乳頭温泉郷」

が、七湯です。

 

七湯は独自に源泉を持っており
十種類以上の多種多様な源泉があります。

 

宿で発行している「湯めぐり帖」を使えば
七湯すべて入り放題です。

 

湯めぐりに便利なのは、乳頭温泉郷内で運行されている
「湯めぐり号」というバスです。

 

また「新奥の細道」と呼ばれるハイキングコースを利用して
効率よく湯めぐりをすることも可能です。

 

※さらに詳しい乳頭温泉郷の情報はリンクから

 秋田県の観光地「乳頭温泉郷」鶴の湯と妙乃湯がおすすめ

 

第2位 角館武家屋敷

仙北市の角館町は、江戸時代に城下町として栄え
「みちのくの小京都」と呼ばれています。

表町や東勝楽丁には、黒板塀に囲まれた武家屋敷が建ち並び
まるでタイムスリップしたような情緒豊かな街並みです。

 

この武家屋敷群の表町は
国の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受け
文化財として保護されています。

 

秋田県屈指の桜の名所としても名高く
また、夏は青葉、秋は紅葉、冬は雪景色と
1年を通して美しい景色を味わうことが出来ます。

 

※さらに詳しい角館武家屋敷の情報はリンクから

 秋田県の観光地「角館武家屋敷」桜と紅葉を見に行こう!

 

第3位 田沢湖

田沢湖は、仙北市にある淡水湖で雄物川水系の属する
日本で最も深い湖です。

湖に差し込んだ太陽光が
湖水を明るい翡翠色から濃い藍色にまで表情を変えるため
日本のバイカル湖と呼ばれています。

 

また、日本百景にも選ばれている景勝地で
四季折々に美しい景色を見せてくれます。

 

湖畔には「たつこの伝説」が残る
御座石神社や約250種類のハーブを栽培する田沢湖ハーブガーデン
ハートハーブなどが人気の観光スポットです。

 

※さらに詳しい田沢湖の情報はリンクから

 秋田県の観光地「田沢湖」龍に変身した田沢湖の主、たつこ像!

 

第4位 男鹿半島

秋田県の西部にある日本海が突き出した半島が
男鹿半島です。

秋田の伝統行事・なまはげの故郷としても知られ
なまはげにちなんだ観光スポットが多くあります。

 

パワースポットとして有名な真山神社の神事が
なまはげです。

 

また、なまはげ館と男鹿真山伝承館は
なまはげを広く知ってもらうために建てられた資料館。


スポンサーリンク


なまはげ館には、なまはげの資料が展示されており
実際に、なまはげの衣装を身につけて記念写真を撮ることも出来ます。

 

鹿真山伝承館は、江戸時代後期の曲家民家を忠実に再現したもので
なまはげの習俗を体感することが出来ます。

 

男鹿半島は風光明媚としても知られ、半島の最先端・入道崎や
ゴジラ岩などおすすめスポット満載です。
 

※さらに詳しい男鹿半島の情報はリンクから

 秋田県の観光地「男鹿半島」なまはげ館で記念写真を撮ろう

 

第5位 千秋公園

秋田市内にある千秋公園は
市民の憩いの公園として親しまれています。

久保田藩主佐竹氏の居城である
久保田城の城跡を公園に整備、春は桜、初夏はつつじ
夏は蓮の花、秋は紅葉を楽しむことが出来ます。

 

公園内には県立美術館、平野政吉美術館、秋田県民会館
市立図書館、彌高(イヤタカ)神社、東海林太郎の歌碑などもあります。

 

本丸跡には、御隅櫓、表門、12代藩主佐竹義尭(よしたか)公像などがあり
当時の繁栄を見ることが出来ます。

 

園内の売店では、秋田名物「ババヘラアイス」も販売しています。

 

※さらに詳しい千秋公園の情報はリンクから

 秋田県の観光地「千秋公園」おすすめは桜と2つの神社だ!

 

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す