秋田県の観光地【乳頭温泉郷】鶴の湯と妙乃湯がおすすめです。



 
乳頭温泉郷は、秋田県仙北市にある秘境の温泉郷です。

温泉郷内には七湯の温泉宿があり
それぞれ独自に源泉を持っています。

個性の違った湯を楽しめることができるため
日本全国から一年中多くの観光客が押し寄せます。

七湯の温泉宿の紹介
乳頭温泉郷の楽しみ方について調べてみました。
 

スポンサーリンク


乳頭温泉郷の「七湯の温泉宿」

乳頭温泉郷には、老舗から近代的施設まで
個性豊かな七湯の温泉宿があります。

 

一つ一つの温泉宿を、簡単に紹介したいと思います。

鶴の湯

鶴の湯は、温泉郷の中で最も古く
秋田県藩主の湯治湯だった由緒ある温泉宿です。

茅葺き屋根の本陣は、江戸時代にタイムスリップしたような趣で
鶴の湯を代表する建物となっています。

 

白湯 黒湯 中の湯 滝の湯と
泉質の異なる4つの源泉が沸いています。

 

 鶴の湯について

 

黒湯温泉

黒湯温泉は、温泉郷の中で最も奥にあり
4月下旬~11月下旬の営業です。

敷地内には源泉が湧き出る河原があり
乳頭温泉郷で随一の湯量を誇ります。

 

 黒湯温泉について

 

妙乃湯

妙乃湯は、温泉郷の中で最も小洒落た今風の宿
創作料理と、きめ細やかなサービスが女性に人気です。

混浴の露天風呂には女性タイムもあり
女性にも利用しやすくなっています。

 

秘境をライトに楽しみたい人向けの宿です。

 

 妙乃湯について

 

蟹場温泉

「これぞ秘境」を楽しみたい人は蟹場温泉。

宿から少し離れたブナの原生林の中に露天風呂があり
自然を感じながら温泉を楽しむことが出来ます。

 

 蟹場温泉について

 

孫六温泉

孫六温泉は、温泉郷の奥に位置しており、温泉郷の中で唯一
宿の前まで車で行く事が出来ない温泉宿です。

一番ひなびた感のある温泉宿でもあります。

 

湯治場の風情を残し「山の薬湯」と呼ばれています。

 

 孫六温泉について

 

大釜温泉

火事で焼失後、木造校舎を移築してた建てられた
ユニークな温泉宿が大釜温泉です。

校舎のイメージを残しつつ建てられており
ノスタルジックな雰囲気が漂います。

 

夏季限定ですが、温泉郷唯一の足湯があり
誰でも利用することが出来ます。

 

 大釜温泉について

 

休暇村 乳頭温泉郷

休暇村 乳頭温泉郷は、温泉郷の中央にある
近代的な建物の温泉宿です。

秘境感はないですが、露天風呂から見えるブナ林は
最高のロケーションです。

 

ウォーキングやスノーシューなどのアクティビティを楽しめる他
キャンプ場も併設しています。

 

 休暇村 乳頭温泉郷について

 

「湯巡り帖」と「湯巡り号」

乳頭温泉郷の宿に泊まったら
せっかくなので他の宿のお風呂も楽しみたいところです。


スポンサーリンク


乳頭温泉郷は、すべての宿で日帰り入力が可能です。
(鶴の湯の山の別館のみ不可)

 

そんな時は、宿の宿泊者だけに販売されている
「湯巡り帖」が便利です。

 

1冊1800円で、7つの宿の全てのお風呂に入ることが出来るのです。

 

購入から1年間有効ですから
何度も通って七湯を制覇したいところです。

 

温泉郷内の移動には、循環バス「湯巡り号」が便利です。

 

「湯巡り帖」を購入すると、何回でも利用することが出来ますし
1日限定の湯めぐりマップ(600円)を購入すると何度でも乗車可能です。

 

※詳しくは乳頭温泉郷 公式サイトをご覧下さい。

 乳頭温泉郷 公式サイト

 

ただ、バスだと時間に制約があるので
1日で全て回るのは困難です。

 

そこで、「新奥の細道」というハイキングコースを使い
自然を楽しみながら完全制覇を目指しませんか?

たとえば「鶴の湯」をスタートして
7つ目の「休暇村 乳頭温泉郷」を制覇
旧道を通って「鶴の湯」へ戻るコースは約8km。

 

ハイキング自体は2~3時間程度ですが
温泉に入るので丸々1日楽しむことが出来ます。

 

また、ハイキングと湯巡りバス両方を利用すれば
時間短縮にもなります。

 

バス時間を見ながらルートを考えるのも楽しいそうです。

 

温泉好きであれば一度は泊まってみたいと思う
憧れの乳頭温泉郷。

 

また、季節によって景色、料理などが変わるため
リピーターが多いといいます。

 

 乳頭温泉郷 公式サイト

 

魅力あふれる乳頭温泉郷、時間を作って
ゆっくりと訪れてみたいですね。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す