秋田県の観光地【田沢湖】龍に変身した田沢湖の主、たつこ像!



 
田沢湖は、秋田県の中東部、仙北市にある淡水湖で
日本一深い湖として有名です。

その全域が「田沢湖抱返り県立自然公園」に指定されており
日本百景にも選ばれている景勝地でもあります。

そんな田沢湖の歴史や伝説
周辺の観光名所について調べてみました。
 

スポンサーリンク


田沢火山の陥没によって生まれた「田沢湖」

田沢湖は、田沢火山の陥没によって生まれた
カルデラ湖と言われています。

 

昭和の初期、透明度においても
摩周湖に次ぐ日本第2位だったのですが
昭和15年(1940年)に水力発電所建設により水質が悪化してしまいます。

湖の水位を調整するため
玉川の強酸性の水を流入したことが原因でした。

 

そのため、田沢湖の固有種だったクニマスを始め
すべての魚介類が全滅してしまったのです。

 

昭和47年(1972年)、水の中和法や
玉川ダム建設など多くの試みがなされました。

 

今はまだ、以前のような状態までには回復していないのですが
ウグイなど、生息可能にはなっているそうです。

 

田沢湖では、湖上遊覧船や足漕ぎボートの貸し出しもあり
深いブルーの湖面をまじかに見て観光することが出来ます。

また夏には海水浴場として、湖畔の一部が使用されているので
家族連れにも人気があります。

 

田沢湖は四方を山に囲まれており
景観を損なうような建物も少ないことも魅力の一つです。

 

四季折々の自然の美しさを感じることの出来る
絶景ポイント満載の観光スポットなのです。

湖畔の立つ「たつこ像」

田沢湖で忘れてはならない伝説があります。


スポンサーリンク


永遠の美を願い、泉の水を飲んだところ龍に変身し
田沢湖の主として湖に身を沈めることになった女性「辰子伝説」です。

 

田沢湖の湖畔には
辰子にまつわる観光スポットがいくつかあります。

 

代表的なものは、湖畔の立つ「たつこ像」で
伝説を基に建てられました。

高村光太郎の弟子・舟越保武の作品で
田沢湖の人気観光スポットとなっています。

 

また、湖の北側に位置する
「御座石神社(ござのいしじんじゃ)」は辰子を祀った神社です。

この神社は美容にも縁結びにも効き目があると言われる
女性に大人気のパワースポットです。

 

その他、田沢湖ハーブガーデン「ハートハーブ」も
女性に人気のスポット。

 

約50種類のハーブガーデンが自慢で、見て、食べて、匂いを嗅ぐなど
ハーブを体全体で感じることが出来ます。

園内のショップでは
ハーブの苗やアロマオイルなどを販売しており
お土産に最適です。

 

田沢湖を一望することができるレストランは
平日はランチメニュー、土・日・祝日は
ランチバイキングを楽しむことが出来ます。

 

ここでしか味わえないオリジナルハーブソフトの
「レモングラス」が観光客に大人気です。

 

秋田県が誇る大人気観光スポットの田沢湖。

 

天気がよければ、田沢湖駅周辺のレンタサイクルで
周囲を観光することも出来ます。

 

 田沢湖エリアの観光情報

 

体を動かして、秋田の名物料理を堪能するのおすすめです。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す