青森県の観光地【浅虫温泉】道の駅「ゆーさ浅虫」に寄ってみてね!



 
浅虫温泉は、青森市の奥桟敷として人気のある温泉地です。

歴史は古く、平安時代に発見され今に至っています。

以前は麻を蒸すことに利用されていたため
麻蒸が転じて浅虫と言われるようになったそうです。

浅虫温泉は東西でがらりと風情が変わるため
楽しみも2倍です。

そんな浅虫温泉の観光スポットを調べてみました。
 

スポンサーリンク


「麻蒸湯札」(1500円)で3軒の温泉を楽しむ

まず、浅虫温泉駅の東側の観光スポットを紹介します。

 

昭和の古き良き時代の温泉街という風情の東側は
細い街路に大小の旅館や飲食店が立ち並んでいます。

「麻蒸湯札」(1500円)を利用すると
3軒の温泉を楽しむことが出来ます。

 

温泉巡りが目的の方にはおすすめのシステムです。
(西側のホテルも対象です)

 

浅虫温泉駅から徒歩10分程度のところにある浅虫水族館は
小さいながらも楽しいショーやイベントが人気の観光スポットです。

ここでは、約300種の魚類や海獣が飼育、展示されています。

 

中でも、イルカのショーは
クオリティの高いダイナミックなパフォーマンスが見応えがあると評判です。

 

アザラシやペンギンのお食事タイム
ヒトデやウニに触れるタッチプールなどのイベントも訪れる観光客に好評です。

 

また、陸奥湾を再現したトンネル水槽「むつ湾の海」では
ここでしか見られない貴重なものです。

 

 浅虫水族館 公式サイト

 

陸奥湾のホタテやホヤの養殖風景を見ることが出来ます。

 

西側は、国道沿いにオーシャンビューの客室を備えた
大型ホテルが立ち並ぶビーチリゾードです。

海水浴場の

「サンセットビーチあさむし」
「浅虫ヨットハーバー」
「浅虫海づり公園」

など、マリンスポーツや釣りを楽しむことが出来ます。

 

「ゆ~さ浅虫」は、展望風呂とショッピングセンターを完備した道の駅。

陸奥湾でとれた新鮮な海の幸を食べることの出来るレストランや
青森のお土産を購入することが出来る「ゆ~さ市場は」
立ち寄り観光スポットとして人気があります。

小さな無人島「湯の島」で開催されるのが「カタクリ祭り」

浅虫温泉で開催される人気イベントも紹介したいと思います。


スポンサーリンク


浅虫観光港から西北800mの沖合いにある
小さな無人島「湯の島」

浅虫温泉駅に飾られている棟方志功の絵にも描かれており
浅虫温泉の象徴的存在です。

 

この島で開催されるのが「カタクリ祭り」です。

 

毎年、カタクリが咲き乱れる4月中旬に行われます。

 

ゴールデンウィークには多くの観光客が島を訪れます。

 

浅虫温泉は、ねぶたの発祥の地とも言われています。

 

7月と8月には、ねぶた祭りが開催され
ねぶた衣装の無料貸し出しも行っているので、観光客も参加が可能です。

 

浅虫ダム(ほたる湖)は
ホタルの群生地として知る人ぞ知る人気スポット。

ゲンジホタル、ヘイケホタル、ヒメホタル
3種類のホタルを観賞出来る希少な地域です。

 

7月いっぱい、ホタルの鑑賞会が開催され
ホテルから群生地まで送迎バスが運行されるので便利です。

 

8月の花火大会も人気のイベント。

 

浅虫海浜公園から約4000発の花火が打ち上げられます。

 

※2017浅虫温泉花火大会の動画をご覧下さい。

 2017浅虫温泉花火大会

 

秋には、ほたる湖や浅虫森林公園でトレッキングツアーが開催され
バードウォッチングやハイキングが楽しめます。

 

1月、2月にはスノーシューを履いて
スノーハイキング、トレッキングも開催されます。

 

四季折々の観光を楽しめる浅虫温泉、イベントを楽しんだあとは
のんびり温泉に浸かって疲れを癒すことも出来ます。

 

温泉だけでなく、海の幸、山の幸が堪能できますし
気分転換に最適です。

 

青森空港や青森市内からの交通アクセスもよく
ストレスが溜まりません。

 

 浅虫温泉 公式サイト

 

週末にふらっと訪れたい観光地の一つです。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す