福井県の観光地【福井県立恐竜博物館】ダイノラボで化石に触れよう!



 
日本には、恐竜に関する展示をしている博物館がいくつもありますが
そのなかで、もっとも展示が充実している博物館が
福井県立恐竜博物館です。

この博物館にはどんな見どころと特徴があるのか
それをこれから紹介させて頂きます。
 

スポンサーリンク


恐竜に関する全てがある福井県立恐竜博物館!?

ここには恐竜に関する全てがある、そう言っても過言ではないほど
恐竜に関する展示が充実している博物館
それが福井県立恐竜博物館です。

 

この博物館の特徴は、恐竜に関する展示が
異様に充実している点です。

普通、恐竜の博物館に展示されているものと言えば
体の一部、骨の一部の化石や骨格標本に過ぎません。

 

これらの化石や標本も貴重なものには違いありませんが
これだけだと、その恐竜がどんな姿をしていたのか
どれくらいの大きさだったのか、それをイメージするのは困難です。

 

なので、恐竜の知識のない素人が
それらの化石や標本を見ても面白味に欠けるのですが

この恐竜博物館に展示されている標本は
恐竜の全身骨格が多いので、恐竜の素人でも
なんて巨大な生き物なのか、と素直に感嘆することが出来ます。

 

恐竜の知識がない人でも、
何メートルもある巨大な全身骨格を見て
その大きさと凄さに思いを馳せることが出来る博物館
それが福井県立恐竜博物館なのです。

 

ちなみに、この全身骨格は全部で40以上あるので
1体や2体巨大な標本があってもすぐに飽きてしまうという
飽き症の人でも楽しむことが出来ます。


スポンサーリンク


そこも、福井県立恐竜博物館の魅力だと言えるでしょう。

化石に触れることが出来る「ダイノラボ」

恐竜の全身骨格の他にも、福井県立恐竜博物館には
いくつもの見どころがあります。

 

そのうち、特に見どころと言えるものが
恐竜を始めとした生命の歴史に関する展示と
ダイノラボという展示室です。

生命の歴史は、46億年あるといわれる生物の歴史を
一つの展示物にしたものです。

 

地球の中でどのように生命が生まれ
それがどうやって恐竜と呼ばれる生物に進化していったのか
そして、その恐竜がどのように栄え、滅びていったのかということを
学ぶことが出来る展示になっています。

 

その辺のことをよく知らない人でも
楽しく生命の歴史を学ぶことが出来るので
福井県立恐竜博物館に来たら
この展示だけは見ておくといいでしょう。

 

もう一つの展示であるダイノラボは
触れることの出来る化石を一つに集めた場所になっています。

 

恐竜の足の骨やアンモナイトの化石など
色々な化石をぺたぺたとさわることが出来るので
一度くらい恐竜の化石に触れてみたいという人に
おすすめ出来る展示になっています。

 

 福井県立恐竜博物館 公式サイト

 

恐竜の化石に触れられる体験というのは
そうありませんので、この機会に
たくさん触れておくといいでしょう。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す