北海道のスイーツ【おすすめBEST5】マルセイバターケーキは美味い!



 
北海道は、大自然で育まれた美味しい食材の宝庫
スイーツ王国と呼ばれます。

そんな北海道の食材を使った美味しいスイーツが
北海道にはたくさんあります。

今回は、地元に愛される各地の銘菓
おすすめスイーツを紹介したいと思います。
 

スポンサーリンク


第1位「マルセイバターケーキ」

クオリティの高いスイーツをリーズナブルに提供する
十勝の2大銘菓店の1つ「六花亭」

イチオシは、2016年2月に発売された
「マルセイバターケーキ」です。

 

定番マルセイバターサンドと同じバターをたっぷり使った
風味豊なスポンジに、ほんのりビターなチョコガナッシュがサンドされてます。

 

発売から美味しさが口コミで広がり
今やマルセイバターサンドと人気を二分するスイーツになっています。

 

 六花亭 公式サイト

 

第2位「三方六」

十勝2大銘菓店のもう1店「柳月」

柳月と言えば「三方六」が有名です。

 

薪をモチーフにした、しっとり系のバウムクーヘンで
白樺の木肌をイメージしたチョコでコーティングされています。

 

プレーンのほか、メープル、ショコラが定番。

 

季節限定で抹茶、珈琲なども発売されます。

 

お土産には、三方六が小割された商品も人気があります。

 

十勝に旅行に行ったら、購入に挑戦してほしいのが
三方六のお買い得商品です。

 

三方六を製造する過程で出る、バウムクーヘンの端を袋詰めにしたものですが
音更にある工場併設の「柳月スイートピアガーデン」でのみ発売されています。

※下記の柳月 公式サイトから
スイートピアガーデンのページに飛んでください。

 

朝早くから並ばないと手に入らない幻のスイーツ
早起きと並ぶことを苦にしない方にはおすすめです。

 

 柳月 公式サイト

 

第3位「開拓おかき」

砂川市に本店がある「北菓楼」
シュークリームやバウムクーヘンが人気です。

おすすめは「開拓おかき」

 

北海道出身の大泉洋さんが主演する
「探偵はBARにいる」の劇中でもたびたび登場します。


スポンサーリンク


映画を見たら食べたくなる開拓おかきは
北海道産のもち米と塩を使用して丁寧に作られています。

 

帆立味や秋鮭味、シマエビ味など、北海道の産地にこだわった素材で味付され
一口食べたら止められない美味しさです。

 

 北菓楼 公式サイト

 

第4位「き花」

旭川市の老舗銘菓店「壷屋」からは
「き花」という焼き菓子をおすすめします。

き花は、香ばしく焼き上げたアーモンド100%のガレットに
クーベルホワイトチョコがサンドされた焼き菓子です。

 

アーモンドガレットがザクザクッと食べ応えのある食感で
ホワイトチョコはまろやか、かつ濃厚な味わいです。

 

全国的にはあまり知られていませんが
旭川と言えば「き花」というくらい
北海道では有名なスイーツです。

 

 壷屋 公式サイト

 

第5位「モンモオ」

最後におすすめしたいのが、滝川市「おかだ菓子舗」の
「モンモオ」という白餡の焼き菓子です。

地元、滝川の市民に40年以上愛され続けるロングセラー。

 

添加物は一切使用されてないため
賞味期間は夏場5日、冬場6日と短めです。

 

皮にも餡にもたっぷりバターが使われていて
食べると口のなかでふわっと溶けます。

 

ほかにありそうでない唯一無二のスイーツで
老若男女に好まれる味わいです。

 

滝川市内の2店舗の他
新千歳空港内の三越でも買うことが出来ます。

 

 おかだ菓子舗 公式サイト

 

まとめ

地元に長く愛されているスイーツは間違いなく美味しいです。

 

これからも地元だけでなく、全道、さらに全国の人に
新しくて美味しいお菓子をたくさん提供してほしいと思います。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す