兵庫県の観光地【六甲山】昼と夜で全く違う展望台からの絶景!



 
神戸の人にとって、もっとも手軽に登山ができる山
それが六甲山です。

他の山と違い、鉄道やバスを使って簡単に山に登ることが出来るので
週末登山や日帰り登山にうってつけです。

そんな六甲山の特徴と見どころについて
これから紹介させて頂きます。
 

スポンサーリンク


神戸の中心から簡単に行くことが出来る「六甲山」

兵庫一の市街地である、神戸市の中心から西に行ったところにある
標高(約)931メートルの山、それが六甲山です。

 

この山の特徴は、神戸市の中心から
非常に近いところにある山である点です。

 

普通、山は市街地から離れた所にあるものですが
六甲山の場合、市街地から近い上に交通アクセスが充実しているので
神戸の中心から簡単に行くことが出来ます。

JRや阪急から六甲ケーブルに乗り継ぐことで
ほんの数十分で六甲山上に登れるので、日帰り登山にはうってつけです。

 

鉄道を使わなくても、登山道やバスを使って登山出来るので
各々の体力に応じて六甲の山を楽しむことが出来ます。

 

この山の近くには有馬温泉もあるので、時間的に余裕のある人は
六甲山でハイキングを楽しんだ後、温泉の湯につかり
ゆっくり疲れをとるのもよいでしょう。

 

そんな六甲山の見どころは、大きく分けて2つあります。

 

それは、山の自然と、山の頂上から見える美しい景色です。


スポンサーリンク


このうち山の自然は、整備されている登山道を使って
山の頂上に登るだけで楽しむことが出来るので、自然が好きなら
のんびり山登りしながら、美しい木々を鑑賞するといいでしょう。

六甲山第2の見どころ「各種展望台からの絶景」

美しい自然に続く、六甲山第2の見どころが
各種展望台から見おろすことが出来る絶景です。

 

六甲山の山頂付近には、かつて昭和天皇がいらして
その景色を楽しまれた天覧台をはじめとして
掬星台、凌雲台、鉢巻き展望台など色々な展望台があります。

 

これら展望台とは別に、知る人ぞ知る絶景スポットがあちこちにありますので
展望台を制覇しながら、マイナーな絶景スポットを探してみるのもいいでしょう。

それらの展望台を見て、絶景スポットを楽しんだら六甲山観光は終わり
ではありません。

 

六甲山には、これらのスポットの他にも
いくつもの眺望スポットがあります。

 

それは「夜の」展望台です。

 

この山は神戸の市街地に非常に近いので(同じスポットから見たとしても)
昼と夜とではまったく景色が違います。

 

神戸の夜景は100万ドルの夜景というほど美しいものですが
それを高所から眺めることができる夜の眺望は、昼のそれと違い
非常に派手です。

 

なので、六甲山に行くなら、時間に余裕を見て
昼と夜の2回登ってみましょう。

 

 六甲山について

 

そうすれば、六甲山の素晴らしさを理解することが出来るでしょう。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す