高知県の観光地【おすすめBEST5】やっぱり桂浜に行っとかないとね!



 
高知県の魅力は、ダイナミックな自然、おいしい食べ物
そして情に厚い人々。

あの坂本龍馬を生んだ土地でもあり
「よさこい祭り」というエネルギッシュな踊りを生んだ土地でもあります。

なんだかわくわくする南国高知の観光スポットをご紹介します。
 

スポンサーリンク


第1位 桂浜

高知県に来たらまず

桂浜を訪れるのが定番ではないでしょうか?

 

弓状に広がる海岸、その五色の砂、松の緑、打ち寄せる太平洋の波。

“月の名所は桂浜…”と「よさこい節」にも歌われた
高知の代表の的な景勝地です。

 

そして、岬にある太平洋を見下ろしている坂本龍馬の銅像に
「高知に来たぜよ」と挨拶することもお忘れなく。

 

近くにある

「桂浜水族館」
「坂本龍馬記念館」
「とさ犬パーク」

に寄るのも楽しいです。

 

※さらに詳しい桂浜の情報はリンクから

 高知の観光と言えば「桂浜」坂本龍馬も見た美しい月

 

第2位 四万十川

『日本最後の清流』として知られる
四国最長の河、四万十川。

 

欄干がなく、川の増水時に流失しないように作られた沈下橋(ちんかばし)は
今も使われており、四万十川の風物詩の一つです。

火振り漁や柴づけ漁など、現在でも伝統的な漁を見ることが出来ます。

 

また、四万十市は、「土佐の小京都」と呼ばれ
天然あゆ、天然うなぎ、手長エビ、海苔など
四万十の川の幸を味わったり、古い町並みを散策したり出来ます。

 

※さらに詳しい四万十川の情報はリンクから

 高知の観光地「四万十川」沈下橋からの飛び込み…

 

第3位 足摺岬

四国最南端の岬、足摺岬。

 

太平洋に突き出た、足摺半島の先端の展望台からは
270度以上の視界が広がり、地平線が丸く見えるとか。

また岬の付け根部分にある竜串では、激しい風や波の浸食作用によってつくられた
奇勝奇岩の壮大な風景が広がります。

 

グラスボートで海に出ると、足の下には見事なサンゴ礁が。

 

ホエールウォッチングも行っていて、4月~10月の時期には
クジラの姿が見られるそうです。

 

※さらに詳しい足摺岬の情報はリンクから

 高知のおすすめ観光地「足摺岬」水平線がアーチ状に見える…

 

第4位 北川村「モネの庭」マルモッタン

印象派の巨匠クロード・モネが
自ら絵を描くために造った庭を再現した
北川村「モネの庭」マルモッタン。

 

色とりどりの睡蓮とゆらめく水面、太鼓橋や藤棚、バラのアーチなど
この庭を散策すると、モネが描いていた風景を垣間見ることが出来ます。

約3万平方メートルの敷地に、約10万本の草花が植栽されているそうです。

 

特に、毎年6月下旬から10月下旬ごろが
モネが愛した青い睡蓮を見ることが出来るのでおすすめです。

 

※さらに詳しい北川村「モネの庭」マルモッタンの情報はリンクから

 高知の観光地「北川村 モネの庭 マルモッタン」3つの庭

 

第5位 日曜市

高知に来たら、大らかで人懐こい高知の人と話してみたいもの。

 

高知市の日曜市は東西に1.3kmもの長さで
約500店の店が軒を並べています。

毎週日曜日、早朝から夕方まで、旬の野菜や果物、 手作りの寿司やコンニャク、餅
そして花や、土佐包丁などが売られています。

 

生産者が直接売っているので、話かけると
きっと威勢のいい土佐弁でいろいろ教えてくれますよ。

 

火、木、金曜にも、各所で市がたってるので
探してみてはいかがでしょうか?

 

※さらに詳しい日曜市の情報はリンクから

 高知県の観光「日曜市」時間を忘れて買い物をしよう!

 

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す