高知県のおすすめ観光地【足摺岬】水平線がアーチ状に見えちゃうぞ!



 
南国高知の中で、もっとも南の果てにある絶景スポット
それが足摺岬です。

美しい海と荒々しい陸の自然を同時に楽しむことが出来るこの場所は
四国屈指の観光地として知られています。

そんな足摺岬の特徴と見どころについて
これから紹介させて頂きます。
 

スポンサーリンク


足摺岬から水平線を見るとアーチ状!?

高知の南にある足摺半島の先にある出っ張り
それが足摺岬です。

 

この足摺岬は、有名な絶景スポットとして知られていますが
他の絶景スポットと足摺岬には一つ違う点があります。

それは、足摺岬から水平線を見ると、平らな風景ではなく少し曲がった風景
つまりアーチ状に見えることです。

 

まっすぐな大海原が見えるスポットはいくつもありますが
アーチ状に見えるスポットは珍しいので
見渡す限り大海原という風景に見飽きた人でも楽しむことが出来ます。

 

なので、絶景スポットに見飽きた人こそ、ここに来るべきでしょう。

 

この、景色がアーチ状であるところ以外にも
足摺岬には大きな特徴があります。

 

それは黒潮が岬にもろにぶつかって来るので、波が激しいところです。

 

岬の絶壁に大きな波がぶつかり、それがはね返ってくるシーンは
まるで映画の1シーンのような迫力があるので
波好きにとってはたまらない場所だと言えます。


スポンサーリンク


晴れた日にここに来ると
雲一つない空をバックに迫力ある波を見ることが出来るので
足摺岬に来るなら、出来るだけ晴れた日に行くことをおすすめします。

足摺展望台から見る景色

アーチ状の風景と波を心行くまで観察出来るように
足摺岬には、足摺展望台という場所が設置されています。

 

他の絶景スポットの場合、どこから見ればベストな状態で景色を見ることが出来るのか
という疑問が出てきますが、この足摺岬の場合、足摺展望台から見る景色が一番きれいなので
どこで景色を見るか迷ったら、展望台から景色を見るといいでしょう。

展望台の他にも、この岬には足摺灯台というスポットがあります。

 

このまっ白な灯台は、1914年に作られた歴史ある灯台で
100年以上の間足摺岬を照らして来ました。

 

残念ながら観光用ではないので
中に入って灯台の上から景色を見たりすることは出来ませんが
日本の灯台50選に選ばれたこの灯台は、外から見るだけでも十分に壮麗です。

 

足摺展望台で景色を見た後は、足摺灯台を見てから帰るといいでしょう。

 

四国最南端の地として知られる足摺岬は
荒々しい波と、アーチ状の水平線が楽しめる素敵な場所です。

 

 足摺岬について

 

陸地の断崖絶壁と波のコントラストは、本当に素晴らしいので
足摺岬に来たら、この風景だけは目に焼き付けておきましょう。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す