京都の観光地【晴明神社】井戸を待ち受け画面にして運気上昇させよう!



 
日本で一番有名な陰陽師、安倍晴明が祀られている神社が
晴明神社です。

全国に安倍晴明を祀っている神社はありますが
この京都の安倍晴明は、晴明の屋敷跡に作られたものなので
もっとも晴明にゆかりのある神社だと言えます。

そんな晴明神社の歴史と見どころについて
これからご紹介いたします。
 

スポンサーリンク


天皇の命令で造られた晴明神社

普通、歴史上の人物を祀った神社は、歴史上の人物が亡くなってから
数十年~数百年経ったあとで造られるものですが
この晴明神社は、安倍晴明が亡くなってから
わずか2年後の1007年に造られました。

この神社は、時の天皇の命令で造られた神社だけあり
その敷地は広大でしたが、京都の中心部にある神社だったので
応仁の乱など数々の戦争の影響をうけてしまい
そのたびに規模が縮小していきました。

 

しかし、近年になると神社が再び拡張をはじめ
堀川通りに面するあたりまで進出しました。

 

特に、ここ最近は映画や、漫画、ゲームなどの影響で
安倍晴明その人の知名度が上がったこともあり
参拝客が激増し、神社は繁栄の時を迎えています。

 

そんな晴明神社の特徴は、神社のあちこちに
五芒星のマークが描かれていることです。

 

この五芒星は、陰陽道で使われる魔除けのマークで
陰陽師安倍晴明のシンボルでもあります。

(5つの星が木・火・土・金・水の5つの力を現わしています)


スポンサーリンク


その五芒星があちこちにあるのは、神社として非常に珍しいです。

 

さすが陰陽師を神様として祀っている神社だと言えるでしょう。

晴明神社の見どころは「晴明井」

そんな晴明神社の見どころは、晴明井と言われる井戸です。

 

この井戸は、五芒星のマークが描かれている風変わりな井戸で
陰陽道の力で作られた井戸だと言われています。

その霊的な力により、無病息災のご利益があると伝えられており
豊臣秀吉など、歴史上の人物もこの水を飲んだことがあると言われています。

 

ちなみに、この井戸を携帯の待ち受け画面にすると運気が上がるという話があるので神社に参拝したら、ついでに画像を撮影しておくのもいいでしょう。

 

この晴明井以外に見どころとしてあげられるのが、一の鳥居と呼ばれる鳥居です。

 

晴明神社には2つ鳥居がありますが
そのうち手前の方にあるのが一の鳥居です。

 

実はこの鳥居、非常に珍しい形をしていることで有名です。

 

なんと鳥居の中心に、五芒星が描かれているのです。

 

五芒星と鳥居のコラボなど、そう見れるものではないので
神社に来たなら、ぜひ見ておきましょう。

 

 晴明神社 公式サイト

 

それ以外の見どころとして挙げられるのは
神社の入り口近くにある式神の石像です。

 

狛犬とかならまだしも、陰陽道で使われる式神の像があるのは
この神社くらいでしょう。

 

この式神像、わりとチャーミングな形をしているので
晴明神社に来たら、ついでに見ておくことをおすすめします。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す