京都の観光地【石像寺(釘抜地蔵)】は苦痛を釘にして抜いてくれる!?



 
京都でも屈指の願賭けスポット、それが石像寺です。

釘抜地蔵という名前で有名なこの寺は
体や心に刺さっている様々な苦痛を、釘にして抜いてくれる
ありがたいお地蔵様がいることで知られています。

その石像寺の歴史と見どころを、これから紹介させて頂きます。
 

スポンサーリンク


苦痛をとってくれる釘抜地蔵

石像寺は地蔵菩薩を本尊とするお寺で
釘抜地蔵という通称が有名です。

 

この寺は、819年に弘法大師として有名な空海が創建しました。

 

ただし、これはあくまで寺の伝承なので
どこまでが真実なのかは分かりません。

なので正確な創建年は不明ですが、鎌倉時代に
俊乗坊重源という僧が寺を再興しているので
少なくとも鎌倉時代より前に出来た寺であることは確かです。

 

そこで、真言宗から浄土宗に宗派が変わったあとまた荒廃しますが
江戸時代初期に再び再興され、現在に至っています。

 

そんな石像寺には、釘抜地蔵という伝説が伝わっています。

 

昔、ある金持ちの商人が
長い間苦しんできた両手の痛みを治してもらおうと
この寺の地蔵に願かけを行うと、夢の中にお地蔵様が現れ
手の中に刺さっていた、恨みの釘を抜いてくれました。

 

その後、商人の手の痛みはすっかり消えたので
石像寺は、人の体の中にある釘(苦痛)を抜いてくれる
釘抜地蔵がいる寺だと有名になりました。

 

なので、今でもこの寺には
体や心の中にある色々な苦痛を取って救ってほしいと
大勢の人が願賭けに訪れています。


スポンサーリンク


石像寺の見どころは「願賭けのかけら」

そんな石像寺の見どころは
今まで人々が積み上げて来た願賭けのかけらです。

 

先に述べたように、この石像寺は願賭けの寺として有名なので
日本各地から苦痛を取るために、大勢の人が願を賭けにやって来ます。

 

そのご利益のおかげで、体や心にささっていた苦痛が取れると
そのお礼として、釘と釘抜きが張り付いている絵馬を
奉納する決まりになっています。

よほど効き目があったのか、あるいは参拝者が多かったのか分かりませんが
この寺には、そのお礼の品である絵馬が大量に奉納されています。

 

1000枚上の絵馬が、本堂のところに敷き詰められている様は
非常に迫力がありますので、石像寺に来たなら
この願賭け絵馬は見ておくべきでしょう。

 

それ以外にも、この寺には巨大な釘抜きの像があり
これも見どころとなっています。

 

この寺のご利益を上手く形にしているので
参拝ついでに見ておきましょう。

 

この大きな釘抜きがあれば、大抵の釘(苦痛)はとれる
そう思わせてくれます。

 

他にも石像寺には、石造阿弥陀如来という
1メートル近くの大きさの仏像があります。

 

これは鎌倉時代に作られた重要文化財なので
かなりの風格がある仏像です。

 

 石像寺(釘抜地蔵)について

 

ありがたい像なので、石像寺に来たなら
この像を拝んでから帰るといいでしょう。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す