【京都水族館と言えばクラゲ!】ダイオウグソクムシもヤバい!?



 
京都有数の観光名所であり、海に面していない内陸部にある数少ない水族館
それが京都水族館です。

海水に似ているけど海水ではない、いわゆる人工海水を完全に導入した
ハイテク水族館としても知られています。

そんな京都水族館のことを、これから紹介させていただきます。
 

スポンサーリンク


京都水族館と言えばクラゲ

京都水族館は、2012年に開設された新鋭の水族館です。

 

オオサンショウウオを始めとした、地元の生物を展示している京の川から
(実は京都の川にはオオサンショウウオが生息しています)
水族館の代表選手である、ペンギン、アザラシエリアまで
この水族館には数多くの生き物が展示されています。

 

その中でも、特に見どころと言えるのはクラゲの展示です。

京都水族館はクラゲの展示に力を入れている水族館なので
ミズクラゲをはじめとして、常時10種類程度のクラゲを展示しています。

 

鮮やかな色を持つアカクラゲなど、たくさんのクラゲがいるので
ふわふわと水中を動くのが好きなクラゲ好きには、たまらない展示だと言えるでしょう。

 

他にも、この水族館はエビやカニの展示に力を入れているという特徴があります。

 

エビやカニと言えば、食べ物というイメージがありますが
これらの生物は、甲殻類といわれる立派な海の生き物です。

 

そんな海の生き物であり、高級食材でもある伊勢エビが
大量にうごめいているのを見られるのは、京都水族館ならではの特徴と言えます。

巨大カニや、伊勢エビの集団を一度見てみたい
そういう人は一度この水族館に行って、存分に見てみるといいでしょう。

巨大なエイと世にも奇妙なダイオウグソクムシ

ペンギン、クラゲ、少し変わったところでエビというのが、京都水族館の売りですが
これらの生き物は、皆中型(あるいは小型)の生物です。


スポンサーリンク


クジラのようにもっと迫力のある大型生物を見たい、そういう人も多いでしょう。

 

そういう人におすすめなのが、大水槽の中にいるエイです。

 

巨大な水槽を舞うように泳ぐ巨大なエイの姿を一度見れば
きっと魅了されてしまうでしょう。

エイやペンギンのようなオードソックスな生物より、もっと変わった生き物が見たい人には
有名な深海生物である、ダイオウグソクムシの展示がおすすめです。

巨大なダンゴ虫のような形をしているダイオウグソクムシが
闇に潜んでいる様は実に不思議なので(深海生物なのであまり動きません)
この水族館に来たなら、一度は見てみるといいでしょう。

 

他にもこの水族館には、ハリセンボン、タガメ、ビワヨシノボリなど
変わった生き物や絶滅寸前の生き物がいるので
見たことのない生き物を見たい人にも、おすすめの水族館です。

 

京都水族館は、イルカやペンギンのようなオードソックスな生き物から
ダイオウグソクムシのような風変わりな生き物まで
色々な生き物をバランスよく展示している水族館です。

 

なので、家族連れから海の生き物マニアまで、色々な人が楽しめます。

 

 京都水族館 公式サイトはこちらから

 

京都に来たなら、一度は行ってみるべき場所だと言えるでしょう。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す