【宮崎県民が教える】ひなたの国の観光地BEST5を発表するよ!



 
ひなたの国とも呼ばれる宮崎県。

日本の中でも特に気候が温暖で、海・山・川・大地
多種多様な自然環境に恵まれている宮崎県には
全国的に有名な観光地から、隠れた名所まで
様々な観光スポットがあります。

今回は、宮崎に来るなら絶対に見てほしい
おすすめの観光スポットBEST5をご紹介します!
 

スポンサーリンク


第1位 高千穂峡

堂々の第1位は、全国的にもよく知られた「高千穂峡」です。

切り立った峡谷と、そこに流れ込む滝は
神々の里とも呼ばれる、高千穂にふさわしい景観を呈していて
日本の天然記念物にも指定されています。

 

100m近くの高さがある断崖に沿って、遊歩しながら
下を流れるせせらぎを眺めることも出来ますし
貸しボートに乗って、渓流の美しさを直に堪能することも出来ます。

 

夏場に行くと、絶好の納涼を味わえますよ!

 

※さらに詳しい高千穂峡の情報はリンクから

 ライトアップが美しい!「高千穂峡」の真名井の滝

 

第2位 鵜戸神宮

第2位は、太平洋に面した断崖の宮「鵜戸神宮」です。

鮮やかに朱く輝く宮の外観は、まるで竜宮城のようで
しかも、海を眺めながら石段を下って本殿に参るという
独特の作りが人気の秘密でもあります。

 

鵜戸神宮に祭られているのは、縁結びや安産祈願の神様で
毎年多くの老若男女が訪れます。

 

皆さんも断崖の洞窟内にあるこの神宮に参り
祈願を込めて、運玉を投げてみてはいかがでしょうか?

 

※さらに詳しい鵜戸神宮の情報はリンクから

 洞窟内に神社だって!?「鵜戸神宮」で運玉投げをやろう!

 

第3位 えびの高原

第3位は、標高1,200mの大地「えびの高原」です。

九州でも有名な、霧島連山に囲まれたえびの高原は
宮崎県の中では標高も高く、冬には気温もぐっと下がりますが
その分空気が澄み切っており、晴れた日には霧島の展望を楽しむことが出来ます。

 

春にはミヤマキリシマが咲き誇り、秋には山いっぱいに紅葉が広がりますから
年間を通じて多くの観光客で賑わいます。

 

温泉郷でもあるため、えびの高原に行った際は
ぜひ、温泉に立ち寄って行かれることをおすすめします。
 

※さらに詳しいえびの高原の情報はリンクから

 「えびの高原から見る韓国岳」宮崎観光の醍醐味スポットだ!

 

第4位 都井岬

第4位は、日向灘の南端「都井岬」です。

ここには御岬馬という、全国的にも珍しい野生の馬が放牧されており
一面に広がる草原で草をはむ馬たちを、太平洋を一望しながら見て楽しむことが出来ます。

 

また、都井岬の先端近くにある都井岬灯台は、日本の灯台50選にも選ばれており
ここもまた太平洋を見渡すことが出来ます。

 

天気のいい日は、鵜戸神宮から海岸沿いに南下して
都井岬に至るというドライブコースもおすすめですね。

 

※さらに詳しい都井岬の情報はリンクから

 草原と海と夕日、そして御崎馬「都井岬」は南国宮崎の楽園

 

第5位 愛宕山展望台

第5位は、宮崎県でただ1つ
夜景百選にも選ばれている「愛宕山展望台」です。

愛宕山は延岡市の中央に位置する山で、標高は251mあり
展望台からは、延岡市街とその向こうに広がる
日向灘を眺望することが出来ます。

 

ここは恋愛成就のスポットとしても有名なのですが
夜になると、息をのむほどの美しい夜景を見ることが出来ることも
カップルの観光客に人気のある理由となっています。

 

ぜひ、夜に愛宕山を訪れて
ロマンチックなひとときを過ごしてみませんか?

 

※さらに詳しい愛宕山の情報はリンクから

 夜景がハンパない!「愛宕山展望台」宮崎随一の恋愛成就の地…

 

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す