奈良県の観光地【奈良国立博物館】正倉院展は絶対に見るべきだ!



 
正倉院展を始めとして、いくつもの魅力ある展示を行っている博物館
それが奈良国立博物館です。

仏教系の宝物を始めとして、大量の国宝、重要文化財を所蔵している
奈良国立博物館の魅力について、これから紹介させていただきます。
 

スポンサーリンク


奈良国立博物館の真の魅力は「臨時展示(特別展)」

奈良国立博物館は、1895年に開館した歴史ある博物館です。

 

奈良博覧会の流れを汲むこの博物館には、絹本著色十一面観音像を始めとして
数多くの国宝(特に仏教系の国宝が多いです)があるので
普通に見学しているだけでも楽しむことが出来ますが
それだけでは、この博物館の真の魅力を理解することは出来ません。

なぜなら、奈良国立博物館の真の魅力は、常設展示ではなく
臨時展示(特別展)の方にあるからです。

 

どこの博物館でも、常時展示している常設展の他に
臨時で開かれる特別展があります。

 

その特別展では、普通の常設展では見ることが出来ない
貴重品を見ることが出来るので、常設展よりも人気があることが多いですが
この奈良国立博物館の特別展は、その辺の博物館の特別展とは
比べ物にならないほど展示内容が豪華です。

 

なぜ展示内容が豪華なのか、その理由は単純明快です。

 

この博物館には、正倉院展があるからです。

 

正倉院には、聖武天皇に縁のある品や、ペルシア、インドから流れて来た
国宝級の宝物が多数保管されています。

 

その貴重な品々を見ることが出来る唯一の機会が
正倉院展です。

奈良国立博物館の目玉「正倉院展」

この正倉院展は、奈良国立博物館の目玉ともいえる展示ですが
年に1回、2~3週間ほどしか開かれません。


スポンサーリンク


なので、この期間内には博物館が人でごったがえします。

 

人が少ない博物館が好きなら、この時期は避けるべきでしょうが
正倉院に眠っている貴重品を見ることができる唯一の機会なので
奈良国立博物館に行くなら、出来るだけこの時期を選ぶべきでしょう。

と。ここまで正倉院展のことを中心に紹介しましたが
もちろん、奈良国立博物館の魅力は正倉院展だけではありません。

 

仏教系の展示に強いこの博物館は、よく仏像や仏教絵などをテーマに特別展を開いているので
これらのテーマに興味のある人は、正倉院展以外の特別展を見に行くのもありです。

 

常設展示も、その辺の博物館とは比べ物にならないほど展示内容が豪華なので
特別展を見に来たら、それらの展示も忘れずに見ておくといいでしょう。

 

仏教芸術や奈良時代の展示に非常に強い博物館
それが奈良国立博物館です。

 

 正倉院 公式サイト

 

この2つの展示に限って言えば、国内でも最高の博物館なので
この2つのテーマが好きなら、一度はこの博物館に行くことをおすすめします。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す