奈良県の観光地【奈良公園】の見どころは1000頭を超える鹿だよ!



 
奈良県で東大寺(奈良の大仏)に次ぐ観光名所
それが奈良公園です。

日本屈指の広さを持つ巨大公園であり
野生の鹿が1000頭以上いる、世界的に見ても非常に珍しい公園
そんな奈良公園の見どころについて紹介させて頂きます。
 

スポンサーリンク


奈良公園の1000頭を超える野生の鹿

奈良の中心部にある奈良公園は、660ヘクタールの面積を誇る巨大公園です。

 

敷地内に、東大寺や興福寺、国立博物館など
たくさんの名所があることで知られています。

 

奈良公園の敷地を巡れば、それだけで
奈良の主な名所を見れると言っても過言ではないでしょう。

 

なので、奈良公園の見どころは何十もあると言えますが
その中から東大寺などの文化的な遺産を割愛すると
奈良公園で見るべきものは、主に2つです。

それは、1000頭を超える野生の鹿と、その美しい自然です。

 

特に、公園内を占拠する鹿の姿は必見と言えます。

 

日本はインドなどの外国と違い、町中に野生動物がほとんどいません。

 

なので、動物を見たいなら山奥へ行くか、動物園に行くしかありませんが
この奈良公園の中には、あちこちに鹿がいるので
ごく自然に触れ合うことができます。

 

と言っても、相手は野生生物なので
あまりやりすぎてはいけませんが、少し体を触るくらいなら問題ありません。

 

ですので、チャンスがあれば触ってみるといいでしょう。

(ただし、妊娠中など何らかの理由で鹿の気が立っている場合は触らない方がいいです)

鹿せんべいを買えば鹿が近寄って来る!?

この鹿は、野生生物にしては人に慣れているので
何もしなくても近寄ってきますが、確実に近寄ってほしいなら
鹿せんべいをあげるのがいいです。


スポンサーリンク


鹿せんべいの売店は園内にいくつもありますので
そこでせんべいを買えば、すぐに鹿が近寄ってきます。

 

この時、せんべいをあげるのにもたついたり、あえてじらしたりすると
痺れを切らした鹿が強引にせんべいを食べようとするので
せんべいをあげる時は、さっさとあげるのがいいです。

 

ちなみに、この鹿せんべいは人間が食べることもできますが
これといった味付けがされていないので、あまり食べない方がいいでしょう。

 

そうして、存分に鹿と触れ合ったら
次に見るべきものは園内の自然です。

 

奈良公園は、都市の中心部にある公園とは思えないほど自然が充実しており
その中には、春日山原始林などの天然記念物もあります。

 

その辺の林にはない、大きな木や樹齢の長い木がたくさんありますので
それらの木をかたっぱしから見て、自然を満喫することをおすすめします。

 

 奈良公園 公式サイト

 

園内には鹿だけでなく、鳥などの動物もいますので、
それらの鳴き声を聞きながら、美しい自然を鑑賞するといでしょう。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す