大阪府の観光地【大阪城の見どころ】壮大すぎる天守閣と堀と石垣!



 
城攻めの天才である太閤豊臣秀吉が
心血を注いで作り上げた難攻不落の城、それが大阪城です。

戦国時代に作られた城の中でも最高の城と言われた
この大阪城の歴史と見ておくべき名所について
これから紹介させて頂きます。
 

スポンサーリンク


大阪城のみどころは天守閣

大阪城は、天下人に近付きつつあった豊臣(羽柴)秀吉が
1583年から十数年かけて作り上げた城です。

 

この城は、その規模、作り、ともに最高といってもいい城で
難攻不落の名をほしいままにして来ました。

そんな大阪城も大阪夏の陣で落城し、戦後徳川家の城となりました。
(徳川時代の大阪城は、豊臣時代の大阪城とはだいぶ形や雰囲気が違います)

 

それから後、明治維新の戦乱や太平洋戦争に巻き込まれ
大阪城は何度も焼け落ちますが、そのたびに不死鳥のように蘇り
現在に至っています。

 

そんな大阪城最大の見どころが、雄大な天守閣です。

 

大阪のシンボルと言えるこの天守閣は、全部で8階建ての建物になっており
2階から7階は博物館になっています。

 

展示内容は、豊臣秀吉の生涯、豊臣秀吉の生きてきた時代
大阪夏の陣の説明など、豊臣色一色なので
豊臣秀吉が好きなら満足出来ることでしょう。

 

また、天守閣の最上階である8階は、展望台になっており
約50メートルの高さから、大阪の街を見下ろすことが出来ます。


スポンサーリンク


非常に美しい景色を見ることが出来るので
大阪城に来たなら、この眺めだけは見ておきましょう。

池のような大阪城の堀

この雄大な天守閣以外にも、大阪城には
見ておくべき場所がいくつかあります。

 

そのうちの1つが、巨大な堀です。

大阪城の東西南北を囲むようにして作られている堀は
巨大な池のようになっています。

 

城を攻めにくくするために作られたのが堀ですが
その中でも、これほど巨大なものは他にありません。

 

大阪城が難攻不落である理由がよく分かる
非常に迫力ある堀なので、この城に来たら
天守閣だけでなく、掘もきっちり見ておくことをおすすめします。

 

天守閣、堀とくれば、次に見るべきものは石垣です。

 

堀の上から巨大な石垣が生えているような感じをしており
大変立派です。

この堀の上にある石垣の他にも
天守閣の下にも石垣が組んでありますので
両方見ておくといいでしょう。

 

それ以外にも、大阪城には
大手門、多聞櫓、千貫櫓などの建物があります。

 

どれも巨城である大阪城にふさわしい大きな建物なので
見る価値があります。

 

 大阪城 公式サイト

 

これらの建物や堀を全て見終わったら
最後は大阪城の中にある豊国神社(豊臣秀吉を祀っている神社です)にお参りして
出世祈願をしてから帰るとよいでしょう。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す