滋賀県の観光地【琵琶湖】どうせ行くなら花火大会の時期ですよ!



 
京都といえば金閣寺、大坂といえば大阪城というように
各都道府県にはその都道府県のシンボルといえる
特別な名所があります。

滋賀県の場合、そのシンボルは琵琶湖になります。

その琵琶湖の概要と見どころについて、これから紹介させて頂きます。
 

スポンサーリンク


日本最大の湖「琵琶湖」

日本の中にはたくさんの湖がありますが
その中でも最大の湖、それが琵琶湖です。

 

日本で2番目に大きい湖である霞ヶ浦の約4倍という
途方もない広さを持つ琵琶湖は、まさに湖の王者であると言えるでしょう。

湖に住まう魚などの種も1000種を超えると言われており
その中にはビワコオオナマズやビワヒガイなど
琵琶湖でしか見ることの出来ない固有種がいます。

 

魚以外にも、ミジンコやエビなども
琵琶湖固有の種として発展、進化しているので
その辺で見られない珍しい生き物が好きなら
ぜひ琵琶湖に行くべきでしょう。

 

(といっても、簡単にお目にかかることは出来ませんので
これらの種を釣り上げるつもりなら
それなりの根気が必要であることを追記しておきます)

 

そんな琵琶湖の見どころと言えば、湖の中にある美しい景色です。

 

その辺の湖岸からただ対岸を見るだけでも、充分に美しいですが
びわ湖テラスのような高所から景色をみると
湖の景観が立体的になるので、さらに美しくなります。

 

なので、琵琶湖の景色を眺めるなら、普通に湖岸から対岸を見るだけでなく
必ず山の上などの高所から琵琶湖を眺めるようにしましょう。

 

そうすれば、この湖がどれだけ広大な湖なのかが
よく分かることでしょう。

琵琶湖の見どころは「美しい景観と花火大会」

琵琶湖の最大の見どころと言えば、その美しい景観ですが
この景観の他にも、琵琶湖にはいくつもの見どころがあります。


スポンサーリンク


それは、琵琶湖を舞台にして行われる各種のイベントです。

 

それらのイベントの中でもっとも有名なイベントが
びわ湖大花火大会という花火大会です。

 

琵琶湖の南端である大津市のあたりで行われるこのイベントは
約10000発の花火を天空に打ち上げる盛大な物で
近畿地方の中でも大規模な花火大会です。

毎年8月にこの花火大会は行われるので
関東や九州など、遠くの方から滋賀県観光に来るなら
出来るだけ、びわ湖大花火大会に合わせていくといいでしょう。

 

そうすれば、美しい花火を見た翌日に
琵琶湖の壮麗な景観を楽しむことが出来ます。

 

この花火大会以外にも、定期的に(あるいは不定期に)
色々なイベントが行われているので、せっかく琵琶湖に行くなら
これらのイベントに合わせて、琵琶湖見学をするといいでしょう。

 

ちなみに、琵琶湖の水質は、大津市など
人工密集地を抱えている南部よりも、人が少ない北部の方がいいです。

 

 琵琶湖について

 

なので、澄んだ琵琶湖の水が見たければ大津市よりずっと北の方
マキノ町など小さな町が点在しているところに行って
そこで湖を見ることをおすすめします。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す