滋賀県の観光地【琵琶湖博物館】見どころは巨大な水族館スペース!



 
日本最大の湖である琵琶湖の歴史と生態系を学ぶことが出来る博物館
それが滋賀県立琵琶湖博物館です。

琵琶湖という、たったひとつのテーマを学ぶために作られた
この博物館の特徴と見どころについてこれから紹介させていただきます。
 

スポンサーリンク


琵琶湖博物館は歴史と生態系の展示に特化

滋賀県立琵琶湖博物館は、その名の通り
琵琶湖の歴史と生態系の展示に特化した博物館です。

 

臨時に行われる特別な展示を除けば、展示内容のほぼ全てが
琵琶湖に関する展示です。

琵琶湖にいる生きものが展示されている水槽
大昔の琵琶湖を再現したジオラマ、かつて琵琶湖の輸送を担った小型船など
琵琶湖に関する色々なものを見ることが出来ます。

 

地元滋賀の人でも知らないような知識を得ることが出来ますので
琵琶湖がどんな湖か知りたいなら、この博物館を
隅から隅まで回ってみるといいでしょう。

 

そんな琵琶湖博物館の見どころといえば、巨大な水族館スペースです。

ここは博物館なのですが、その半分ほどは水族館のスペースで占められているので
中に入ると琵琶湖の色々な生き物の他にも、サメなど
今の琵琶湖にはいない生き物が展示されています。

 

なぜかアザラシまで展示されているので、水族館が好きな人なら
この水族館エリアの生き物を見るだけで満足することが出来ます。

 

また、この水族館エリアにはふれあい水槽という
魚をじかに触れる水槽がありますので、この博物館に来たなら
勇気を出して魚を触ってみるといいでしょう。

琵琶湖の生い立ち

この博物館にある水族館スペースは
小規模ですが見ごたえのあるものばかりなので
これを見るだけでも元を取ることが出来ますが
せっかくここに来たなら、琵琶湖の歴史を学んでから帰りたいものです。


スポンサーリンク


そんな人向けの展示が、琵琶湖の生い立ちという展示です。

 

この展示は、琵琶湖がどうやって出来たのか
そして昔の琵琶湖にどんな生き物がいたのか、という展示になっており
昔、琵琶湖の近くにゾウがいた時代や、それよりさらに昔の古生代の時代に
琵琶湖がどうなっていたのかということを化石と図面で教えてくれます。

人間がいなかった時代の琵琶湖がどんなものだったのか
ということがよく分かりますので、ここに来たなら
この展示だけは見ておきましょう。

 

この博物館には、他にも古代から近代にかけて
人類と琵琶湖がどうかかわってきたのかを示した展示や
人々にとって琵琶湖がどのように役立ってきたのかを示す展示がありますので
その手の歴史が好きな人なら、これらの展示物を見るだけで1時間は潰せます。

 

 滋賀県立琵琶湖博物館 公式サイト

 

それ以外にも、琵琶湖の生き物に関する色々な展示があるので
琵琶湖という湖にほんの少しでも興味があるなら
一度は行ってみることをおすすめします。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す