知床観光なら任せて!【おすすめスポットと宿泊】これで決まりだ!



 
私が考える知床観光物語。

今回は夕陽台をメインに紹介したいと思います。

辺り一面に見える流氷と夕陽は、冬しか見ることが出来ず
おすすめスポットとして多くの年齢層から人気です。

知床には夕陽台以外にも多くの観光スポットがありますので
順を追って紹介したいと思います。
 

スポンサーリンク


知床の観光スポット

夕陽台

では、夕陽台から紹介したいと思います。

その名の通り、夕陽を見ることが出来るスポットで
カップルや家族連れにも人気があります。

 

季節を問わず、きれいな夕陽を見ることが出来るので
1年中、観光客で賑わいます。

 

しかし、天候によっては夕陽を見ることが出来ないので
事前に天候をチェックしてから夕陽台に向かう必要があります。

 

夕陽台には虫なども多く生息しています。

 

虫除けなども準備して夕陽台に向かいましょう。

 

夕陽台について

 

フレペの滝

2番目に紹介するのは、フレペの滝です。

フレペの滝へは車では行けません。

 

駐車場に車を止めて、約1kmの距離を歩きます。

 

歩いていると、自然豊かな景色や
鳥たちの鳴き声を聞くことが出来ます。

 

フレペの滝は大量の水が流れ、号泣する涙のようにも見え
十人十色、いろいろな感じ方をすることでしょう。

 

フレペの滝について

 

オロンコ岩

そして3つ目のスポットは、オロンコ岩です。

高さ60メートルほどの不思議な形をした岩は
「そこに座っている岩」というアイヌ語から由来しています。

 

オロンコ岩の頂上からの眺望は、知床八景の1つとして数えられています。

 

オロンコ岩について

 

知床のおすすめの宿

知床プリンスホテル 風なみ季

知床のおすすめの宿、最初に紹介するのは
知床プリンスホテル 風なみ季です。

運がよければ知床の夕陽も眺めることが出来ます。

 

値段のリーズナブルなところも魅力的ですね。


スポンサーリンク


知床グランドホテル 北こぶし

次に紹介する宿は、知床グランドホテル 北こぶしです。

知床グランドホテルからの眺めは超絶景。

 

食事も様々な種類があり、ボリューム満点なので
お腹いっぱいに食べることが出来ます。

知床へのアクセス

知床へのアクセスなんですが、道外から飛行機を利用する場合
女満別空港から斜里町ウトロか
根室中標津空港から羅臼町へ入るのがいいでしょう。

 

飛行機で女満別空港へ

 

飛行機で根室中標津空港へ

 

各空港からは、レンタカーや路線バスの利用をおすすめします。

 

各空港から知床までのアクセス

 

そして「夕陽台」へは

 

JR釧網本線知床斜里駅から斜里バスウトロ温泉方面行きで50分
ウトロ温泉ターミナル下車、それから徒歩15分で行けます。

 

「フレペの滝」へは

 

知床斜里駅からバスで60分です。

 

「オロンコ岩」へは

 

ウトロバスターミナルから徒歩5分ですが
道の駅うとろ・シリエトクバス停からも徒歩5分で行けます。

 

ホテルへのアクセスですが

 

知床プリンスホテル 風なみ季へは、女満別空港到着後バスで網走へ
網走から斜里、JR斜里から知床バスでアクセス出来ます。

 

知床バスに乗って、ウトロ温泉ターミナル下車し徒歩20分
またはタクシー約5分で知床プリンスホテルに到着します。

 

知床プリンスホテル 風なみ季へのアクセス

 

知床グランドホテル 北こぶしへは、知床プリンスホテルと同様に
女満別空港からウトロ温泉ターミナルに向かいます。

 

ウトロ温泉ターミナルから徒歩で約20分
またはタクシー約5分で知床グランドホテルに到着します。

 

知床グランドホテル 北こぶしへのアクセス

 

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す