和歌山県の観光地【九度山・真田ミュージアム】真田三代の甲冑姿が…



 
戦国時代には色々な伝説を残した英雄がたくさんいますが
英雄のなかでも特に人気があるのが、真田昌幸、幸村の親子です。

その彼らに特化した歴史博物館
それが九度山・真田ミュージアムです。

そんな九度山・真田ミュージアムの特徴と見どころについて
これから紹介させて頂きます。
 

スポンサーリンク


その名前の通り真田家一色の博物館

和歌山県にある観光スポットの中でも、非常に新しい観光スポット
それが九度山・真田ミュージアムです。

 

NHKの大河ドラマ「真田丸」放映とともに作られたこの博物館は
その名前の通り、真田家一色の博物館になっています。

真田家の英雄である真田昌幸、幸村親子を中心に
幸村の息子である真田大助に関する展示や
伝説にうたわれた真田十勇士の紹介など
真田家が好きな人にはたまらない展示内容となっています。

 

真田家が特別好きというわけではない人にとっても
戦国時代から江戸時代初期にかけての歴史の勉強になりますので
和歌山に来たら、一度は行ってみるべき場所だと言えるでしょう。

 

そんな九度山・真田ミュージアムの中で最大の見どころと言えるのは
大坂の陣に関する展示です。

 

この展示は、大阪の陣での真田家の活躍を描いた展示になっており
大坂の陣をよく知らない人に、戦がどのような戦だったのかを紹介する合戦動画や
当時の戦いを絵にした屏風などが展示されています。

 

なぜ真田家が「真田日本一の兵」と言われるようになったのか
この展示を見れば、その理由がよくわかることでしょう。

真田昌幸、幸村、大助の甲冑姿

大阪の陣に関する展示の他にも
この真田ミュージアムには、上田時代や九度山時代など
色々な時代の真田家を描いた展示があります。


スポンサーリンク


西軍に敗れたため、和歌山の九度山に流された
真田親子がどのような生活をしていたのか
それを歴史的な資料と映像で学ぶことが出来るので
色々と勉強になります。

 

真田家といえば大阪の陣での活躍が特に有名ですが
その華々しい活躍とは別の面について見ることが出来るので
そういった所を学びたい人にとっては、特におすすめの展示です。

 

これらの映像や資料も、このミュージアムの見どころですが
実は、九度山・真田ミュージアムには
もっと派手な見どころがあります。

それが、真田昌幸、幸村、大助、3人の甲冑姿です。

 

武将の人形に甲冑が備え付けられているさまは
非常に迫力があります。

 

特に真田幸村の甲冑は
赤い甲冑(いわゆる赤備え)になっているので、特にかっこいいです。

 

真田ファンなら、この幸村の雄姿だけは見ておきましょう。

 

英雄的な姿から庶民的な生活をしている姿まで
真田家の人々の色々な姿を見ることが出来るのが
九度山・真田ミュージアムです。

 

 九度山・真田ミュージアムについて

 

戦国好きの人、そうでない人
どちらも楽しむことが出来るスポットなので
和歌山に来たら九度山にも足を運んでみるといいでしょう。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す