草原と海と夕日、そして御崎馬…【都井岬】は南国宮崎の楽園だ!



 
青い空と海。

海に向かって一面に広がる草原。

そして馬。

ここは宮崎県串間市、日向灘の南端に位置する都井岬です。

風光明媚な景色を誇るこの観光地は、まさに                          
南九州への旅情をかき立ててくれる場所でもあります。                           
   

スポンサーリンク


御崎馬は国の天然記念物

宮崎県南部の海岸は、険しい断崖と入り組んだ海岸線でも知られています。

 

その海岸線沿いに国道が走っており
この道は九州屈指の名ドライブコースとも言われています。

 

この道を宮崎市からひたすら南に向かって走ると
およそ2時間で都井岬に到着します。

都井岬は、野生の馬が放牧されていることで有名です。

 

馬と草原と海と夕日が映るロケーションの画像などを見て
一度は都井岬に行ってみたいと思われる方も多いのではないでしょうか?

 

この馬たちは「御崎馬」と呼ばれ、希少な日本在来馬の一つとして
国の天然記念物に指定されています。

 

馬たちは、とても穏やかで大人しいです。

 

日中は、草を食べたり眠ったりしながら過ごしているんですが
すぐ近くを車で通ることが出来るため、馬たちの表情を間近で見れて迫力満点です!

 

春先が御崎馬たちの出産シーズンですので、この時期に行くと
かわいい子馬さんたちも見ることが出来ますよ。

 

5月には「馬追い」と言って、害虫駆除のため丘を駆け回る馬たちを
竹棒を使って柵の内側に誘導するという伝統行事も行われています。


スポンサーリンク


都井岬灯台と「蘇鉄(ソテツ)」

都井岬の見どころは、馬だけではありません。

 

「日本の灯台50選」にも選出された大型の灯台で
岬の突端に白色に浮かび上がる都井岬灯台があります。

 

日本には、一般に公開されている灯台がいくつかありますが
都井岬灯台はその一つで、実際に灯台敷地内に入り灯台上がることが出来ます。

ちなみに参観料金は

 

中学生以上で200円、小学生以下は無料です。

 

灯台からは太平洋を一望することが出来ますし、天候に恵まれれば
はるか遠くの種子島まで見ることが出来ます。

 

晴れた日の夕暮れの眺望は、息をのむほど美しいですよ!

 

都井岬の観光で見落とせないのは、ソテツなどの都井岬特有の亜熱帯樹林です。

岬神社やその周りには、およそ3,000本ものソテツが自生しており
南国の雰囲気を醸し出しています。

 

この植物は、鉄分を養分として与えることで生命力を回復させることが出来るので
「蘇鉄(ソテツ)」と呼ばれているそうです。

 

朝日が昇るたびに、そして夕日が沈むたびに絶景を見せてくれるこの岬に
皆さんもぜひ遊びに来て下さいね!

 

※都井岬について、さらに詳しい情報はリンクからどうぞ!

 都井岬の情報はここから

 

草原の向こうに続く海の美しさや、日向灘を吹き抜ける風の感触だけでなく
ここで強く生き抜く動植物の息吹を感じられて、日常では中々体験出来ない
大自然と出会うことが出来るに違いありません。

最後まで読んでいただいて感謝します。

この記事が気に入ったら、いいねして下さい!

Feedlyのフォローもお願いします。

follow us in feedly


コメントを残す